脱毛、エステサロンの脱毛、自己処理の脱毛

2014年11月5日 / 未分類

脱毛の種類は、医療機関で受けるもの、脱毛を中心に行っている脱毛サロンなどで受けるもの、自己処理というように大きく3つに分けられます。

 

医療機関では、処理範囲が広いため、近年は「医療レーザー脱毛」が主流といえますが、脱毛しきれなかったところを絶縁針やニードルを使った電気脱毛により処理したり、強い痛みが伴っても永久的な処理をしたい場合などは電気脱毛により処理が行われます。

テニス04

脱毛サロンでは、医療機関で行うものよりレーザー出力が弱い光脱毛が主流ですが、出力が弱いため医療機関のものより効果が低くなります。

 

自己処理で行う方法は、個人の好みにより使用方法は異なるようですが、脱毛クリーム、脱毛ワックスなどの脱毛剤を使用した方法、家庭用脱毛機器を使用した方法、毛抜きピンセットを使用する方法などさまざまです。脱毛剤は、ジェル、クリーム、フォームなど色々ありますが、肌表面の毛を溶かすため一時的な除毛効果があり、かみそりを使用するよりも肌を痛めず、腕、脚や背中など広範囲でも簡単に除毛できます。

 

 

ワックスは、肌表面にワックスを塗り、剥がす際に毛を抜き取るため、肌表面の毛を溶かすものよりも脱毛効果は持続します。

 

家庭用脱毛機器は、レーザー脱毛器、高周波脱毛器、ローラーが回転し毛を絡めて抜き取る脱毛器などがありますが、医療機関やエステサロンで行うような脱毛効果はないものですが、操作が簡単で、家庭で手軽にできるため便利です。

 

 

毛抜きピンセットで抜き取る方法は、1本1本処理するため手間がかかり、毛穴に菌が入り炎症を起こすこともあります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る