永久脱毛をすると本当に永久に毛が生えてこないのか?

ムダ毛の気になる季節になると脱毛について考える機会が増えるのではないでしょうか?ダーツ01

 

自己処理では肌がヒリヒリして赤くなったり痒みが出たりと肌のトラブルが絶えないし、何よりも毎日の処理となると手間と時間が掛かり大変面倒です。その上、肝心な毛母細胞という毛を作り出す部分の処理までは出来ずに残ってしまうので、処理しても処理してもすぐに毛が生えてきてしまうのですから…。いっその事、永久脱毛しようかと思ってしまいますよね。でも、永久脱毛をすると本当に永久に毛は生えてこないのかと疑心暗鬼な方も多いと思います。事実、永久かどうかの証明はまだされていないのです。

 

毛を作り出して発育させる毛包や毛母細胞等を破壊することによって、半永久的に生えてこないと言われているのが、永久脱毛法です。医療機関のみで使用が許可されている「医療レーザー脱毛法」は、脱毛の永久的な効果が期待されている脱毛方法です。出力の高いレーザーを使用しているので、一度のレーザー照射でも毛母細胞に大きなダメージを与えてくれます。個人差があるものの、早ければ何度か通院しただけでほとんど毛を目立たなくすることが可能です。医療レーザー脱毛法の安全性は高いのですが、まれに肌にやけどや赤みなどのトラブルが起きることもないとは言えません。

 

そんな時には、きちんと資格を持った医師が軟膏を処方する等対応してくれますので安心です。医療機関であるため、アフターケアも万全です。

TOPへ戻る